LAMBORGHINI DESIGN DNA

確固なプロポーション、はっきりとした輪郭、正確なライン、クリーンなサーフェイスこそ、Lamborghiniのデザインの本質そのものであり基本的な要素です。このDNAは、Centro Stile Lamborghiniが研究と外観の見地から、常に異なり、イノベーティブでありながら、すべてがまぎれもなくLamborghiniの車を作り上げるためのインスピレーションを得る原理を具体化すると言えるでしょう。

六角形とY字

六角形とY字は、Lamborghiniが誕生した当初からデザインを特徴づけるスタイルです。Marzal の内装から最新 Sián のヘッドライトユニットおよびテールライトユニットまで、Lamborghiniのアイコニックなエレメントはあらゆるディテールにスポーティでありながらエレガントな特徴を与えます。

CENTRO STILE LAMBORGHINI

2004 年に誕生した Centro Stile Lamborghini は、ブランドの魂とイノベーションを組み合わせ、常に新しく、想像を超えるようなデザインソリューションを作ることをミッションにしています。Centro Stile では、世界中からやってきた自動車デザインの有能なスタッフが、技術部門と密接にやり取りしながら仕事し、フォルムと機能性の完璧なバランスを作り上げます。

デザインプロセス

Centro Stile Lamborghini のデザインディレクターの Mitja Borkert は、「エレガントで精密なラインが少しあれば、新たなLamborghiniに命を吹き込むことができる」と言います。
デザインプロセスはデザインから物理的モデルを何度も行き来し、スケッチは3Dレンダリング (縮尺モデル) になり、バーチャルリアリティに戻ることで完璧なものへと変化します。

 

 

スケッチ

Lamborghiniのプロジェクトは、白紙、鉛筆、そしてデザイナーのクリエイティビティから始まり、美しいものが作られます。LamborghiniのDNAを表現する主なラインが引かれるこの紙が、本物の芸術に命を吹き込みます。

ニュース