質問してください

Settings

Text size

Transitions

Lamborghini Huracán EVO Spyder

HURACÁN EVO SPYDER

EVERY DAY AMPLIFIED

最大出力 (CV) / 最大出力 (KW)
640 CV / 470 kW
最高速度
325 km/h
0-100 km/h
3.1 秒
3D
コンフィギュレーション
ここでHuracán EVO Spyderを作成する
Lamborghini Huracán EVO Spyder

概要

エキサイティングなドライビング体験を極限にまで高めたのが、Huracán EVO Spyder です。魅力的なデザインと超軽量素材の中に、そのカラー、その匂い、そのサウンドが一体化しています。 
640 CVを誇るV10エンジンが魂を震わせ、スーパースポーツのエキゾーストがすべてを超越する轟音を響かせます。タイトで流れるようなボディラインが風を切り裂いて走ります。
 

概要

エキサイティングなドライビング体験を極限にまで高めたのが、Huracán EVO Spyder です。魅力的なデザインと超軽量素材の中に、そのカラー、その匂い、そのサウンドが一体化しています。 
640 CVを誇るV10エンジンが魂を震わせ、スーパースポーツのエキゾーストがすべてを超越する轟音を響かせます。タイトで流れるようなボディラインが風を切り裂いて走ります。
 

Lamborghini Huracán EVO SpyderLamborghini Huracán EVO Spyder

エクステリア

そのデザインは、ルーフがなくとも、車の空力性能やねじり剛性を損なわないことを目的として開発されたものです。ランボルギーニ特有の象徴的なフォルムや比率を変えることなく、洗練された空力ソリューションがそれらにさらならる価値を与えています。 
フロント部の空力機構からボンネットのカッティングまで、サイドスカートのエアインテークからエキゾーストまで、すべてはただひとつのコンセプトにつながります。それは、最先端テクノロジーを採用しながらも、美しいラインを忘れない、自然な進化の形です。
 

Lamborghini Huracán EVO SpyderLamborghini Huracán EVO Spyder

インテリア

Huracán EVO Spyder のコックピットのセンタートンネルには8.4インチの最先端タッチスクリーン・システムが備わり、車両機能やエンターテインメント機能の操作が可能です。正統イタリアン・デザインに裏打ちされた内装の仕上げには、最高級の素材が採用されています。レザーカバーにはアルカンターラのほか、画期的なランボルギーニの特殊カーボンファイバー素材である Carbon Skin® が登場します。 
 

エクステリア

そのデザインは、ルーフがなくとも、車の空力性能やねじり剛性を損なわないことを目的として開発されたものです。ランボルギーニ特有の象徴的なフォルムや比率を変えることなく、洗練された空力ソリューションがそれらにさらならる価値を与えています。 
フロント部の空力機構からボンネットのカッティングまで、サイドスカートのエアインテークからエキゾーストまで、すべてはただひとつのコンセプトにつながります。それは、最先端テクノロジーを採用しながらも、美しいラインを忘れない、自然な進化の形です。
 

インテリア

Huracán EVO Spyder のコックピットのセンタートンネルには8.4インチの最先端タッチスクリーン・システムが備わり、車両機能やエンターテインメント機能の操作が可能です。正統イタリアン・デザインに裏打ちされた内装の仕上げには、最高級の素材が採用されています。レザーカバーにはアルカンターラのほか、画期的なランボルギーニの特殊カーボンファイバー素材である Carbon Skin® が登場します。 
 

ZOOM

ここからコンフィギュレーションを始める

3Dフルコンフィギュレ―ターを開く

ここからコンフィギュレーションを始める

FEEL THE ENGINE

出力640 CV、0-100 km加速わずか3.1秒、まるで空に手が届くかのような感覚さえ与えてくれるV10エンジンの震えるような熾烈のサウンドをお聴きください。
 

LAMBORGHINI CENTRO STILE

新しいデフレクターによって追加の空力荷重を得られるようになったアンダーボディ内に、フロントスプリッターが二つの通路で空気の流れを促します。さらに、リア部の新スポイラーが空気の流れを作り、空力性能を高めます。
 

Lamborghini Huracán EVO Spyder
Lamborghini
Centro Stile Design

Lamborghini Huracán EVO Spyder
Lamborghini Huracán EVO Spyder
Lamborghini Huracán EVO Spyder

FEEL THE ENGINE

出力640 CV、0-100 km加速わずか3.1秒、まるで空に手が届くかのような感覚さえ与えてくれるV10エンジンの震えるような熾烈のサウンドをお聴きください。
 

LAMBORGHINI CENTRO STILE

新しいデフレクターによって追加の空力荷重を得られるようになったアンダーボディ内に、フロントスプリッターが二つの通路で空気の流れを促します。さらに、リア部の新スポイラーが空気の流れを作り、空力性能を高めます。
 

Lamborghini Huracán EVO Spyder

スペック

  • 排気量5,204 cm³ (317.6 cu.in.)
  • 最大出力640 CV (470 kW) @ 8.000 rpm
  • 最高速度325 km/h (202 mph)
  • 加速0-100 KM/H (0-62 MPH)3.1 s
技術仕様を全表示

エンジン

  • タイプV10 90° IDS、40 バルブ
  • 排気量5,204 cm³ (317.6 cu.in.)
  • レース用ボアストロークØ 84,5 mm x 92,8 mm (long-stroke architecture)
  • コンプレッション比12.7 : 1
  • 最大出力640 CV (470 kW) @ 8.000 rpm
  • 最大トルク600 Nm (443 lb.-ft.) @ 6.500 rpm
  • 潤滑ドライサンプ
  • 冷却システム固定式エアインテーク付きウォーター&オイルクロスフロー冷却システム
  • エンジンマネージメントシステムBosch MED 17 マスタースレーブ
  • 排気ガスによるクラス分けEURO 6 - LEV 3
  • エミッションコントロールシステム ラムダセンサー付き触媒コンバーター

ギアとエンジントランスミッション

  • トランスミッションのタイプ電動制御式油圧多板クラッチを備える四輪駆動
  • ギアボックス7速ランボルギーニ・ドッピア・フリツィオーネ (LDF) デュアルクラッチトランスミッション、選択したドライビングモードに応じた特性を使用
  • クラッチダブルプレート・クラッチ、Ø 187 mm(7.36 in.)

パフォーマンス

  • 最高速度325 km/h (202 mph)
  • 加速0-100 KM/H (0-62 MPH)3.1 秒
  • 加速度0-200 KM/H (0-124 MPH)9.3 秒

フレーム と車体

  • フレームアルミニウムとカーボンのハイブリッド構造
  • 車体アルミ+プラスティック製パネル
  • ミラー電動格納・調整式ヒートサイドミラー
  • 外部ミラーアルミニウムおよびコンポジット素材から作られたアウタースキン
  • エアロダイナミクスウィング一体型フロントスプリッター、エアロダイナミック・ディフレクターとディフューザーを備えたアンダーボディ、スロット付きスポイラー一体型バックエンド

タイヤ

  • フロントホイール8.5J x 20''
  • リアホイール11J x 20''
  • フロントタイヤPirelli P Zero 245/30 R20
  • リアタイヤPirelli P Zero 305/30 R20

サスペンションとステアリング

  • エレクトロニック・スタビリティ・コントロール(ESC)選択したドライブモードに応じて、異なる特性を持つ ABS と TCS を統合した ESC
  • サスペンションタイプアルミニウム製フロント&リア・ダブルウィッシュボーン式サスペンション、磁気レオロジー・システムによる電子制御
  • ステアリングシステムエレクトロメカニカル・パワーステアリング、可変ステアリングギア比を備えたランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング(LDS)リアホイール・ステアリング
  • ボディ制御ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイーコロ・インテグラータ(LDVI)が制御するシステム:オールホイール・ステアリング、トルク・ベクタリング、トラクション・コントロール、オールホイール・ドライブ

ブレーキ

  • ブレーキタイプアルミニウム製モノブロックキャリパー、6 ピストン(フロント)、4 ピストン(リア)、CCB ディスクを備えたカーボンセラミック・ブレーキ

SAFETYセーフティー

  • エアバッグ運転席エアバッグ、助手席エアバッグ、サイドエアバッグ。特定市場ではニーエアバッグ

外径寸法

  • 全長4,520 mm (177.95 in)
  • サイドミラーを含まない車幅1,933 mm (76.10 in)
  • サイドミラーを含む車幅2,236 mm (88.03 in)
  • 地上からの総車高1,180 mm (46.46 in)
  • ステップ2,620 mm (103.15 in)
  • フロントトレッド1,668 mm (65.67 in)
  • リアトレッド1,620 mm (63.78 in)
  • 乾燥重量1,542 kg (3,400 lb)
  • パワーウェイトレシオ2.40 kg/CV (5.29 lb/CV)
  • 重量配分43% - 57%

燃費

  • コンビネーション燃費量14.1 l/100 km*
  • CO2 排気量338 g/km*

ドライビングダイナミクス

LDVI

Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI:ランボルギーニ·ディナミカ·ヴェイコロ·インテグラータ)は Huracán EVO Spyderのテクノロジーを束ねる頭脳です。

ドライビングダイナミクス

エアロダイナミクス

Huracán EVO Spyderのデザインは、空力性能を高めるべく細部まで研究が尽くされています。 フロントスプリッターがアンダーボディへの空気の通過を促進し、新ディフレクターが従来の Huracán と比べて5倍の空力負荷を可能にします。

HMI

新ヒューマンマシンインターフェースもまた自然な技術進化を遂げています。従来のボタン類をデジタル化し、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。指でタッチするだけで、全てのドライビング·ダイナミクスの制御とエンターテインメント機能の操作が可能なほか、リアルタイムな交通情報の受信やドライブモードに合わせた室内灯の設定ができます。

ドライビングダイナミクス

エンジン

一から見直しが図られ再設計されたエンジンは、吸気と排気におけるフルードダイナミクスの改善により、最高のパワーを誇るV10エンジンに仕上がっています。

ドライビングダイナミクス

サスペンション

Huracán EVO Spyderのサスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両のユーザビリティとスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。

ドライビングダイナミクス

ステアリング

Huracán EVO Spyderは Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック·パワー·ステアリング)を搭載します。

ドライビングダイナミクス

オールホイールステアリング

Huracán EVO Spyder では、Lamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)と Lamborghini All-wheel Steering(ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)を組み合わせることにより、最高レベルのダイナミック・パフォーマンスを実現しています。

ドライビングダイナミクス

トランスミッション

ギアチェンジのタイムロスを克服するべく、ギアが1速に入っている時点で2速ギアがすでにセレクトされていれば、ひとつのクラッチを開いてもう一方のクラッチを閉じることで瞬時に驚くほどスムーズなギアチェンジが可能になります。

ドライビングダイナミクス

トラクション

四輪駆動システムは、軸間のトルク移動がより素早く的確に行われるよう電子的にコントロールされます。これによりあらゆる運転状況下で最大限の制御が可能になります。

LDVI

Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI:ランボルギーニ·ディナミカ·ヴェイコロ·インテグラータ)は Huracán EVO Spyderのテクノロジーを束ねる頭脳です。ドライビング·ダイナミクスを管理する洗練されたシステムユニットの調整を担います。ドライバーが行う操作、外部の環境、選択されているドライブモードに基づいて、フィードバック制御からフィードフォワード制御に切り替えてドライバーの意図を予測します。これこそ真の進化です。

エアロダイナミクス

Huracán EVO Spyderのデザインは、空力性能を高めるべく細部まで研究が尽くされています。 フロントスプリッターがアンダーボディへの空気の通過を促進し、新ディフレクターが従来の Huracán と比べて5倍の空力負荷を可能にします。これにより車両が下に押し付けられることで、制動時·加速時·コーナリング時の全てにおいて驚きのドライビングを体験できます。 さらに、リア部の新スポイラーが空気の流れを作り、空力性能を高めます。

新ヒューマンマシンインターフェースもまた自然な技術進化を遂げています。従来のボタン類をデジタル化し、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。指でタッチするだけで、全てのドライビング·ダイナミクスの制御とエンターテインメント機能の操作が可能なほか、リアルタイムな交通情報の受信やドライブモードに合わせた室内灯の設定ができます。
これまでの Huracán にはなかったワンランク上の高度なコネクティビティと並んで、2台のビデオカメラを備えた新テレメトリーがドライビング·スキルの向上に貢献します。

エンジン

一から見直しが図られ再設計されたエンジンは、吸気と排気におけるフルードダイナミクスの改善により、最高のパワーを誇るV10エンジンに仕上がっています。ランボルギーニ·モータースポーツが培った経験から生まれた新しいインテークマニホールドにより、あらゆる回転域でのレスポンスを向上します→させます。デュアルクラッチ(LDF)のトランスミッションはさらに完成度を増し、究極の高性能にも対応できるようになりました。これらはすべて、軽くなった新エキゾーストシステムから心を揺さぶるサウンドとなって放たれます。

サスペンション

Huracán EVO Spyderのサスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両のユーザビリティとスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。
磁気レオロジーダンパー·システムがドライバーの運転スタイルへすぐに反応します。また、路面状況やドライビング·ダイナミクスに適応して車両コントロールを向上します。  

ステアリング

Huracán EVO Spyderは Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック·パワー·ステアリング)を搭載します。このシステムはあらゆるタイプの運転スタイルに合わせて、サーキットでも一般道でも Adaptive Network Intelligent Management(ANIMA:アダプティブ·ネットワーク·インテリジェント·マネージメント)のドライブモードに応じて常に最適なパワーアシストを提供します。
EPS と並んでランボルギーニ·ダイナミック·ステアリング(LDS)も搭載し、車両の動的状況に応じてステアリングギア比をダイナミックに変化させることができます。 

オールホイールステアリング

Huracán EVO Spyder では、Lamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)と Lamborghini All-wheel Steering(ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)を組み合わせることにより、最高レベルのダイナミック・パフォーマンスを実現しています。LDSシステムは、スピードとドライバーが選択したドライビングモードに適応し、直接的なステアリングからより間接的なステアリングに移行します。LAWSシステムは、2基の電気機械式アクチュエーターにより、ステアリングリアアクスルを制御します。 
このシステムによって、低速走行時は機敏性が増し、カーブでのパフォーマンスが向上し、高速走行では車両のフルコントロールと優れた安定性が実現されます。
 

トランスミッション

ギアチェンジのタイムロスを克服するべく、ギアが1速に入っている時点で2速ギアがすでにセレクトされていれば、ひとつのクラッチを開いてもう一方のクラッチを閉じることで瞬時に驚くほどスムーズなギアチェンジが可能になります。7速の Lamborghini Doppia Frizione(LDF:ランボルギーニ·ドッピア·フリツィオーネ)により、Huracán EVO Spyderはこれを実現しています。

トラクション

四輪駆動システムは、軸間のトルク移動がより素早く的確に行われるよう電子的にコントロールされます。これによりあらゆる運転状況下で最大限の制御が可能になります。このシステムは、選択されたドライビングモードと路面の反応に応じて常にトルク配分を変化させます。難しいドライブの際、カーブおよび加速時に向上したパワーの移行、と同時に、より大きい駆動と毎日のドライブでの安全性を提供します。

ドライビングダイナミクス

LDVI

LDVI

Lamborghini Dinamica Veicolo Integrata(LDVI:ランボルギーニ·ディナミカ·ヴェイコロ·インテグラータ)は Huracán EVO Spyderのテクノロジーを束ねる頭脳です。ドライビング·ダイナミクスを管理する洗練されたシステムユニットの調整を担います。ドライバーが行う操作、外部の環境、選択されているドライブモードに基づいて、フィードバック制御からフィードフォワード制御に切り替えてドライバーの意図を予測します。これこそ真の進化です。

エアロダイナミクス

エアロダイナミクス

Huracán EVO Spyderのデザインは、空力性能を高めるべく細部まで研究が尽くされています。 フロントスプリッターがアンダーボディへの空気の通過を促進し、新ディフレクターが従来の Huracán と比べて5倍の空力負荷を可能にします。これにより車両が下に押し付けられることで、制動時·加速時·コーナリング時の全てにおいて驚きのドライビングを体験できます。 さらに、リア部の新スポイラーが空気の流れを作り、空力性能を高めます。

新ヒューマンマシンインターフェースもまた自然な技術進化を遂げています。従来のボタン類をデジタル化し、センタートンネルに8.4インチの静電容量式マルチタッチスクリーンを配します。指でタッチするだけで、全てのドライビング·ダイナミクスの制御とエンターテインメント機能の操作が可能なほか、リアルタイムな交通情報の受信やドライブモードに合わせた室内灯の設定ができます。
これまでの Huracán にはなかったワンランク上の高度なコネクティビティと並んで、2台のビデオカメラを備えた新テレメトリーがドライビング·スキルの向上に貢献します。

エンジン

エンジン

一から見直しが図られ再設計されたエンジンは、吸気と排気におけるフルードダイナミクスの改善により、最高のパワーを誇るV10エンジンに仕上がっています。ランボルギーニ·モータースポーツが培った経験から生まれた新しいインテークマニホールドにより、あらゆる回転域でのレスポンスを向上します→させます。デュアルクラッチ(LDF)のトランスミッションはさらに完成度を増し、究極の高性能にも対応できるようになりました。これらはすべて、軽くなった新エキゾーストシステムから心を揺さぶるサウンドとなって放たれます。

サスペンション

サスペンション

Huracán EVO Spyderのサスペンション構造にはダブルウィッシュボーン式を採用し、車両のユーザビリティとスポーティなパフォーマンスの完璧なバランスを実現しています。
磁気レオロジーダンパー·システムがドライバーの運転スタイルへすぐに反応します。また、路面状況やドライビング·ダイナミクスに適応して車両コントロールを向上します。  

ステアリング

ステアリング

Huracán EVO Spyderは Electronic Power Steering(EPS:エレクトロニック·パワー·ステアリング)を搭載します。このシステムはあらゆるタイプの運転スタイルに合わせて、サーキットでも一般道でも Adaptive Network Intelligent Management(ANIMA:アダプティブ·ネットワーク·インテリジェント·マネージメント)のドライブモードに応じて常に最適なパワーアシストを提供します。
EPS と並んでランボルギーニ·ダイナミック·ステアリング(LDS)も搭載し、車両の動的状況に応じてステアリングギア比をダイナミックに変化させることができます。 

オールホイールステアリング

オールホイールステアリング

Huracán EVO Spyder では、Lamborghini Dynamic Steering(ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング)と Lamborghini All-wheel Steering(ランボルギーニ・オールホイール・ステアリング)を組み合わせることにより、最高レベルのダイナミック・パフォーマンスを実現しています。LDSシステムは、スピードとドライバーが選択したドライビングモードに適応し、直接的なステアリングからより間接的なステアリングに移行します。LAWSシステムは、2基の電気機械式アクチュエーターにより、ステアリングリアアクスルを制御します。 
このシステムによって、低速走行時は機敏性が増し、カーブでのパフォーマンスが向上し、高速走行では車両のフルコントロールと優れた安定性が実現されます。
 

トランスミッション

トランスミッション

ギアチェンジのタイムロスを克服するべく、ギアが1速に入っている時点で2速ギアがすでにセレクトされていれば、ひとつのクラッチを開いてもう一方のクラッチを閉じることで瞬時に驚くほどスムーズなギアチェンジが可能になります。7速の Lamborghini Doppia Frizione(LDF:ランボルギーニ·ドッピア·フリツィオーネ)により、Huracán EVO Spyderはこれを実現しています。

トラクション

トラクション

四輪駆動システムは、軸間のトルク移動がより素早く的確に行われるよう電子的にコントロールされます。これによりあらゆる運転状況下で最大限の制御が可能になります。このシステムは、選択されたドライビングモードと路面の反応に応じて常にトルク配分を変化させます。難しいドライブの際、カーブおよび加速時に向上したパワーの移行、と同時に、より大きい駆動と毎日のドライブでの安全性を提供します。

Huracan Evo Spyder の燃費とCO2排出量 - 複合モードによる燃費: 15 mpg