LAMBORGHINI ASSISTANT

Settings

Text size

Transitions

  
サンターガタ・ボロニェーゼにある工場入口を写したトリミングされた画像。 左側にフェッルッチョ・ランボルギーニの白黒写真が描かれたパネルがあり、上部にランボルギーニの名前が書かれているのが見える。

Automobili
Lamborghini

企業概要

アウトモビリ・ランボルギーニは1963年に創立され、イタリア北部、サンタアガタ・ボロネーゼに本社を置いています。ランボルギーニは、2014年にジュネーブ・モーターショーでウラカン・クーペを発表しました。続いて2015年には、Huracán Spyder(ウラカン・スパイダー)とRWDクーペがデビューを飾りました。ウラカンは、ランボルギーニのアイコン的名車ガヤルドの系譜に連なるモデルです。その斬新なテクノロジーと並外れたパフォーマンスで、これまでにないドライビング体験を提案。ラグジュアリーなスーパースポーツカーを新たなレベルへ引き上げました。加えて、Aventador Coupé(アヴェンタドール・クーペ)とRoadster(ロードスター)、Aventador Superveloce(アヴェンタドール・スーパーヴェローチェ)は、V型12気筒エンジン搭載の最高級スーパーカーの世界で新たなベンチマークとなっています。アウトモビリ・ランボルギーニは、世界各地にある130以上のディーラーを通じて、半世紀にわたり世界に名だたる名車の数々を送り出してきました。350 GT、Miura(ミウラ)、Espada(エスパーダ)、Countach(カウンタック)、Diablo(ディアブロ)、Murciélago(ムルシエラゴ)などのシリーズに、Reventón(レヴェントン)、Sesto Elemento(セスト・エレメント)、Aventador J(アヴェンタドール J )などの特別限定モデルもあります。2013年にアウトモビリ・ランボルギーニ創立50周年を記念して、Veneno Coupé(ヴェネーノ・クーペ)、Egoista(エゴイスタ)、Veneno Roadster(ヴェネーノ・ロードスター)が生産されました。2016年には創業者フェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を祝し、ワンオフのCentenario(センテナリオ)が発表されています。

 

会社概要

アウトモビリ・ランボルギーニ S.p.A.
本社所在地:Via Modena 12 S. Agata Bolognese (BO) 40019, Italy
ボローニャ事業所登録簿番号:259882
全額払込済み株式資本:130,000,000 ユーロ
VAT番号:00591801204  
納税者番号: 03049840378
アウディグループに属する単一株主株式会社 
メールアドレス: automobililamborghini@legalmail.it

本社

Automobili Lamborghini S.p.A.
Via Modena, 12
電話: +39 051 959.7611

ルート検索
アクセス方法
飛行機をご利用の場合

飛行機をご利用の場合は、 ボローニャ空港(BLQ)からタクシー、レンタカーまたはバスでお越しください。

タクシーをご利用の場合

所要時間は約35分(35キロ)です。
タクシー会社の連絡先は以下となります。

COTABO 電話 +39 051 372.727
TAXI CAT 電話 +39 051 534.141
CO.SE.PU.RI 電話+39 051 519.090
SACA 電話 +39 051 6349.444

バスをご利用の場合

ボローニャ中央駅にあるバスターミナル「BOLOGNA AUTOSTAZIONE(住所 piazza XX Settembre 6)」より、Crevalcore行き576系統(約55分)のバスにご乗車ください。当社は、バス停「S.AGATA B. CHIESA FRATI」から徒歩で約5分です。

役員

  • STEFANO DOMENICALI , Chairman & Chief Executive Officer

    ステファノ・ドメニカーリは、アウトモービリ・ランボルギーニのChairman & Chief Executive Officerです。1965年5月11日イモラ生まれ。ドメニカーリは、1991年フェラーリでそのキャリアをスタートさせました。様々な役職を経験しながらその責任を増し、2008年、フェラーリのディレツィオーネ・スポルティーヴァ F1の責任者になりしました。サンタアガタ・ボロネーゼのアウトモービリ・ランボルギーニで現在の役職につく前の2014年11月、AUDI AGのNew Business Initiativesの副社長に就任しました。国際自動車連盟 (F.I.A.) の評議会の一員であり、シングルシーター委員会の委員長を務めています。奥さま(シルヴィアさん)との間に生まれたマルティーノさんとヴィオラさんの父親であり、音楽、山、飛行機、バスケットなどに情熱を燃やしています。

  • Paolo Poma, 最高財務責任者

    パオロ・ポーマは、アウトモービリ・ランボルギーニの最高財務責任者、代表取締役および役員を努めます。財務・総務・内部監査、IT、法務、コンプライアンス、リスク管理を統括する責任者です。1966年6月22日、ベルガモ生まれ。ポーマは、ミラノ工科大学で工業管理の学位を取得しました。建築分野の営業でキャリアの第一歩を踏み出し、その後、ボッコーニ経営大学院 (SDA Bocconi) で経営学修士を取得。2000年からミラノのMcKinsey & Co.で働き、その2年後にはドゥカティのプランニングディレクターおよびM&Aに任命されました。2005年には、ブエノスアイレスのTenarisグループで同役職に就任。2007年、ドゥカティに戻り、ファイナンス部門の責任あるいくつかのポジションを経験し、2011年にはCFOに就任しました。2012年に VWグループがドゥカティを買収したことに伴い、同社のグループへの統合を指揮し、2015年Volkswagen Group ItaliaのCFOおよび代表取締役に就任し、その後さらにはランボルギーニでも同役職に就任。パートナー (ジュリアさん) との間には4歳のお子様 (キアラちゃん) がいます。ジョギングとスキーをこよなく愛します。

  • MAURIZIO REGGIANI, 最高技術責任者

    マウリツィオ・レッジャーニは、アウトモービリ・ランボルギーニの最高技術責任者および役員を務めます。イタリア北部のサン・マルティーノ・スピーノに生まれ、モデナ大学で機械工学を学びました。2006年、ランボルギーニの研究開発部長に就任。以来、設計と試験のあらゆる段階を統括するチームを率いています。チームの使命は、ランボルギーニのDNAを継承し、革新的で最高品質の製品を生み出していくこと。レッジャーニは1982年に自動車業界でのキャリアをスタートさせました。1998年にアウトモービリ・ランボルギーニに入社し、Murciélago(ムルシエラゴ)のプロジェクトリーダーに就任、次いで2001年にパワートレイン・サスペンション研究開発部門の責任者に抜擢されました。大のサッカーファンで、歴史とテクノロジーに造詣が深く、特にエンジンに深い関心を抱いています。

  • RANIERI NICCOLI, 最高製造責任者

    ラニエリ・ニッコリは、アウトモービリ・ランボルギーニの最高製造責任者および役員を務めます。1968年11月12日、ボローニャ生まれ。1995 年にローマ・サピエンツァ大学航空工学科卒業。FIATでそのキャリアをスタートさせたニッコリは、生産分野で責任ある仕事を与えられ、ミラフィオーリ工場の組み立て部門の責任者に就任しました。その後、ボンフィリオーリ社に転職。2008年からアウトモービリ・ランボルギーニで生産、物流、生産技術、インフラストラクチャーの責任者としてを最高製造責任者を務めます。2000年にフランチェスカさんと結婚し、3人の息子さん(ロレンツォ、ガブリエレ、フランチェスコ)がいます。趣味はスポーツ、映画鑑賞、音楽。

  • Giovanni Perosino, 最高営業責任者

    ジョヴァンニ・ペロシーノは、アウトモービリ・ランボルギーニの最高営業責任者および役員を務めます。トリノに生まれ、トリノ大学のビジネス・経済学の学位を有します。ペロシーノは1991年、ミラノの広告代理店DMB&Bからキャリアの第一歩をスタートさせました。その後、Bacardi-Martiniグループに入社し、アムステルダム本社からヨーロッパの国際マーケティングで数々の成功プロジェクトを手がけました。2001年からはFIATグループでマーケティング&コミュニケーション部長としてLanciaブランドやFIATブランドを担当した後、FIATグループ・オートモービルズのマーケティング・コミュニケーション副部長に就任。その後、2010年にVolkswagenグループに入社し、ヴォルフスブルクの本社でマーケティング・コミュニケーション副部長としてVolkswagenブランドに携わりました。 
    2014年に、インゴルシュタットに本社を置くドイツの世界的高級ブランドであるアウディにて同職に就任、そこから現在のアウトモービリ・ランボルギーニに至ります。

  • KATIA BASSI, 最高マーケティング&コミュニケーション責任者

    アウトモービリ・ランボルギーニの最高マーケティング&コミュニケーション責任者を務めるカティア・バッシは、当社経営陣に参加する初めての女性メンバーです。政治学と法学の学位を有し、コロンビア大学で修士号を取得しています。NBA.ランボルギーニで役職に就く前は、Aston Martin Lagondaの副社長、AM Brandsの常務取締役、Ferrariのライセンシングマネージャー、FC Internazionaleの営業担当取締役、NBAのイタリア担当ディレクターを歴任しています。ご家族にはご主人のシルヴィオさんがおり、趣味は観劇と読書。

  • FEDERICO FOSCHINI, 最高調達責任者

    フェデリコ・フォスキーニは、アウトモービリ・ランボルギーニの最高調達責任者および役員を務めます。1972年8月20日ラヴェンナに生まれ、経営工学の学位を取得。フォスキーニはすでに20年間ランボルギーニの一員として働いてきました。その間、2015年に営業部長に任命されるまで、購買部に始まり、次いでプロジェクト管理部長と数々の責任ある役職を歴任し、2019年には最高調達責任者に抜擢されました。自動車業界に深い情熱を持つだけでなく、音楽やテニス、スキー、サッカーなどのスポーツを楽しみます。

  • UMBERTO TOSSINI, 最高人事責任者

    ウンベルト・トッシーニは、2006年10月からアウトモービリ・ランボルギーニ の人事・組織部長および役員を務めます。人材開発、および現代のリーダーシップモデルや共通の価値観に基づいた企業文化の拡散に関連したプロセス開発に一貫して携わってきました。ビジネスだけでなく地域内のサステナビリティを考慮した人事管理における戦略的アプローチにより、当社を2016年、2017年、2018 年のTop Employerをはじめとする著名な賞の受賞に導きました。1967年アヴェッリーノ生まれ、ローマのルイス大学法学部卒業。演劇や20世紀文学をこよなく愛し、サイクリングを楽しみます。

企業の社会的責任

ランボルギーニは企業としての社会的責任を果たし、価値の創造を実現するため、数々の戦略的取り組みを行っています。現世代および未来の世代のために地球を守るよう生態系に配慮しながら、業務執行分野において持続可能な経済的および社会的発展を実現するよう努めています。

当社は、文化と専門技術の訓練に注力することで、地域とのつながりを深めるよう、様々なプロジェクトを実施しています。社員の技能こそ企業の最も重要な資産であり、地域発展の促進力であるという考えのもと、地域の団体や学校、イタリアの主要大学と長年にわたるパートナーシップを築いています。DESI(デュアル・エデュケーション・システム・イタリー)プロジェクトはまさにこの一例で、義務教育および企業での職業教育を並行して行うドイツのデュアル・システムに着想を得ています。

また、地域の文化活動の後援を通じ、イタリアの素晴らしい文化遺産を後世に残すべく支援も行っています。主な活動として、ボローニャ市立劇場とのパートナーシップが挙げられます。双方とも同じ地域にルーツを持ち、卓越性の追求という目標を共有しています。 

当社は企業の社会的責任を果たすため、常に進歩することを目指し、人を中心に据えた経営を通して価値を創造することを戦略としています。この一環として、従業員とその家族を対象とした様々な活動や取り組みも推進しています。

写真は、ランボルギーニ社員達が教室で授業を受けている様子を後ろから撮影している。

Lamborghini Top Employer 2020

わが社の日々の仕事を一言で表現するとすれば、それは「独自性と美」です。
「美」はあらゆる場所に見てとることができ、それを守り続けるべく我々はたゆまぬ努力を重ねております。

わが社は社員をお客様と同じように大切にします。なぜなら、もし社員が自分の仕事を愛し、情熱を忘れず、家族を大切にして余暇を楽しむことができていれば、それは独自性が光るクルマという、目に見える成果として現れるからです。クルマは深い注意と献身があってはじめて傑作車となるのです。

Lamborghini は1963年から革新技術と優れた性能を融合させたクルマを生み出し続け、ラグジュアリー・スーパー・スポーツカーという概念を再定義してまいりました。

この度、過去6年に続いてイタリアのTop Employer 2019に認定されましたことを大変誇りに思います。

をダウンロード
Top Employer 2020

持続可能性

アウトモビリ・ランボルギーニは、継続的に環境を保護しエネルギー効率の向上を狙い、経営目標と事業目標を設定するよう努めています。当社は、生産工程や製品のイノベーションを推進するべく包括的な環境戦略を策定しています。 この取り組みにより、2015年には工場全体でカーボンニュートラルの基準を達成することができました。その他、施設に延べ17,000平方メートルの太陽光発電プラントを建設しています。

さらに当社は、環境管理の国際基準を達成し、ISO14001の認証を取得しました。わずか数か月後の2009年7月、イタリア自動車メーカーとして初めてEMAS環境認証を取得しました。イタリアでEMAS環境認証を受けた自動車メーカーは他にありません。
2011年に、「ランボルギーニ、生物多様性のために - 樫の森の研究プロジェクト」を発足させ、サンタアガタ・ボロネーゼにランボルギーニ公園をオープン。約7万平方メートルの土地にオークの苗木1万本以上を植えました。この実験的なプロジェクトにて、サンタアガタ・ボロネーゼの自治体、ボローニャ大学、ボルツァーノ大学、ドイツのミュンヘン大学と協力し、植物とその密集度、気候、CO2の関係について研究を実施しました。同年、イタリアの自動車メーカーとして初めてISO 50001を取得し、あらゆる分野でエネルギー効率の向上を推進していることが改めて認められる結果となりました。2012年11月には、生産工程および製品の環境的持続可能性を強化する共同プロジェクトの実施にあたり、イタリアの自動車メーカーとしては初めてイタリア環境省と協定を締結しました。この協定が功を奏し、カーボンファイバー製モノコックや部品の製造段階で排出される二酸化炭素を分析し、総排出量(カーボン・フットプリント)を計算する方法が確立されました。これで、二酸化炭素排出量の削減および相殺を実現する手法ができたといえます。このプロジェクトに続き、2013年9月にはISO 14064の認証を取得しました。これは認証機関DNVが発行する、世界初の認証となります。

をダウンロード
写真には、水草に覆われた小さな湖と石の小道の風景が写っている。

ランボルギーニは、世界最高の価値を誇るラグジュアリーなスーパー・スポーツカーをお届けするため、あらゆるディテールにおいて妥協のない品質を目指しています。品質こそランボルギーニの真髄であり、他の追随を許しません。

ビジョン
常にお客様の期待を超えることを目標に、世界で最も信頼される革新的で卓越した高級スーパー・スポーツカーを設計および製造します。

コミットメント
当社の行動指針は、日々の業務において常に品質基準を確認し、その向上を実現することです。様々な目標を達成するために、従業員がより多くの知識を得ながら成長し、充足感を持って仕事に取り組むよう支援します。加えて、顧客満足度の最大化を目指しプロセス指向の 品質管理を取り入れ、効果的にグループを統合していきます。

目的指向型の経営
品質目標をエリア、プロセス、プロジェクトごとに設定します。魅力的で信頼性のある車両の製造、卓越したサービスの提供、環境や安全に配慮した合理的なプロセスの創出を目指しています。品質基準および業績を達成するため、最も重要な役割を担うのは従業員です。それゆえ、従業員が一丸となって責任を果たします。

をダウンロード
画像は一人の技術スタッフが赤いランボルギーニのヘッドライトで作業している手を大きく写している。

組織モデル 231/01 と監査役会

当社は、企業活動の公平性および透明性を保証するために、政令 231/01 に従った組織モデル、管理、監視を採用します。これは Automobili Lamborghini と共に企業活動を行う全企業が法律に則って活動できるようにする有効な喚起ツールになります。
モデル 231/01 を監督するため、取締役会は、時間をかけて有効性、効率性、適性を検証する監査役会(OdV: Organismo di Vigilanza)を指名しました。

従業員、商業パートナー、第三者が、監査役会と連絡を取る場合、あるいはモデル 231/01 や倫理規定に対する違反行為を報告する場合は、以下の宛先にご連絡ください。

- Eメール:odv@lamborghini.com

- Eメール:odv-anonymous@lamborghini.com(OdV の外部メンバーのみ)

- 郵送先住所:Automobili Lamborghini S.p.A."All'attenzione dell'Organismo di Vigilanza" Via Modena n. 12 – 40019 - Sant’Agata Bolognese (BO), Italy

をダウンロード
画像は三人の人物によるミーティングの様子を示している。二人の女性がソファーに座っている。ブロンドの女性が右側に座り、写真が途中で切れている左側には濃い色の髪の女性がメモを取っている。彼女達の向かい側に話を聞いている一人の男性の背中が写っている。

倫理 規定

製品の複雑さや競合他社との挑戦に向き合うと同時に、事業に貢献する関係者たちの利益を考慮し、Automobili Lamborghini は全ての従業員や関係者の行動規範となる「倫理規定」を策定しました。

法的な義務のみならず、Automobili Lamborghini の社会的評価、効率性、信頼性を守るためにこの規定を守ることが重要になります。

をダウンロード
1

Whistleblower System / 報告システム

法律と規制の遵守は当社の事業基盤となるものであり、Automobili Lamborghini の社会的評価を守るために社内において最優先されるものです。
この理由において、会社の原則に反する行為、または法律や行動規範に違反する行為は速やかに報告するようにしてください。それによって、あらゆる種類の不正を特定し、効果的に対処することが可能になります。
そのために、当社では連絡を取っていただける複数の窓口を用意しております。

をダウンロード
Whistleblower System - 報告システム

国の援助

Automobili Lamborghini S.p.A.は、2014年12月9日付けの省令「開発契約」、および州法第14/2014号「エミリア=ロマーニャ州の投資促進」(それぞれ、2014~2020年経済開発省、開発・結束基金による共同融資、および2014~2020年エミリア=ロマーニャ州、POR ERDFエミリア=ロマーニャ州による共同融資)に基づき、経済開発省、イタリア投資誘致・事業開発公社(INVITALIA)、エミリア=ロマーニャ州と共同で、産業研究と実験開発のプロジェクト実現のための議定書に署名しました。

をダウンロード
国の援助